りんご体型の特徴

りんご体型の特徴

りんご体型

 

りんご体型とは、ぽっこりお腹になっていて内臓に脂肪が付いている体型を言います。内臓はお腹当たりにあり、そこに脂肪が付くとお腹の当たりに現れてきます。内臓に付いた脂肪は、落ちにくい特徴があります。炭水化物の代謝が苦手で、りんご体型の人はご飯やパン等の炭水化物が大好きな人が多いです。

 

お菓子でも洋菓子よりも和菓子が好きな人が多く、炭水化物の代謝が上手く行かなくて太ってしまいます。りんご体型の人はお腹が空くとストレスが溜まり、こってりとしたたんぱく質系の食べ物を好んで食べる傾向にあります。たんぱく質と脂肪を求める脳になっているので、食べても食べ物を求めるのは身体が上手く消化吸収出来ないためです。

 

栄養としてあまり取り込まれないために、常に脳の要求が続きます。たんぱく質や脂肪が上手く消化吸収されないと、不消化状態のまま腸内に移動していきます。不消化の食べ物は腸内で腐敗し悪玉菌の餌になり腸内環境が悪くなります。

 

食べ物の腐敗が始まるとガスが発生して、ガスがおならを臭くする原因になります。悪玉菌の増加で便秘や下痢になり、お通じが臭くなります。たんぱく質が不消化のまま腸に移動すると、分解されていないたんぱく質を吸収して血液がドロドロになり、血管が詰まりやすくなります。

りんご体型でポッコリお腹になる原因

りんご体型

 

肥満にはりんご体型と洋ナシ体型があります。所謂メタボ体型と言うのがりんご体型で、別名内臓脂肪型肥満とも呼ばれています。内臓に脂肪が付いているため、他の体型と比べるとお腹周りだけに脂肪が付いています。

 

りんご体型の原因は、高カロリーの食事や慢性的な運動不足等生活習慣が主であると言われています。中にはしっかりと食事管理を行っているのに、お腹周りだけぽっこりとしている人もいます。これは女性は男性に比べると脂質が多い食事は避ける傾向であるが、ストレス発散等の理由で甘い物を習慣的に食べているのが原因です。

 

また好き嫌いが激しい偏食であると、内臓の働きを弱めてしまうので脂肪が付きやすくなります。りんご体型の人の特徴は、パンやご飯やパスタ等の炭水化物やお菓子等の糖質が多い物が好きな人です。性格はおおらかで周囲を和ませる雰囲気を持っている人や、世話好きで親切な人が多いです。

 

また、基礎代謝が200キロカロリー未満と低かったり、運動が苦手だったり子供の時に顔や身体が丸くぽっちゃりとしていた人もりんご体型になりやすいです。

りんご体型を改善するには

りんご体型

 

りんご体型を改善するには、内臓脂肪を減らす事を第一に考えたダイエットを行うのが効果的です。内臓脂肪が増える原因は食生活で、食事の時間が不規則であったり炭水化物等の糖質を摂り過ぎていたりします。また揚げ物等の脂質を摂り過ぎていたり、飲酒の習慣があったりします。

 

内臓脂肪を減らすには、脂肪を燃焼させる事も効果的です。運動時の脂肪の使われ方は、皮下脂肪よりも内臓脂肪の方が先に減ります。そのため、運動を行うと皮下脂肪を落とすよりも比較的簡単に内臓脂肪を減らす事が期待出来ます。

 

りんご体型を改善するのにおすすめのダイエットは、糖質制限ダイエットと低インシュリンダイエットとファスティングダイエットと有酸素運動を行う事です。りんご体型の人は代謝が低い傾向にあるので、身体の代謝を上げる事でダイエット効果が出やすくなります。

 

内臓脂肪を増やしてしまう食品は糖質で、制限する事で内臓脂肪の増加を抑えて自然に内臓脂肪が使われる事で脂肪を減らしていきます。糖質の含まれている食品には甘いお菓子を思い浮かぶが、炭水化物にも消化により糖に変わるため糖質制限の対象になります。

 

完全に糖質を摂らない生活をすると身体を壊すので、1日50グラムを減らす程度にするのがおすすめです。

りんご体型の改善におすすめの食事

りんご体型

 

りんご体型の場合は糖質を筋肉として取り入れる事を苦手としていて、摂り入れきれずに余った糖質は内臓脂肪として蓄積されてしまいます。このため、炭水化物は多く摂取し過ぎてしまうと脂肪として蓄積されてしまいます。炭水化物を抑えるように心掛けて、どうしても食べたい人は冷やしご飯がおすすめです。

 

冷やしご飯は消化吸収を抑えて脂肪になりにくくする効果があり、満腹感も得られるので空腹によるストレスからも解消されます。また炭水化物を減らした事で満腹感が足りない場合は、減らした炭水化物の分を野菜やたんぱく質を増やして補います。

 

ただ単に満腹感が得られるだけではなく、野菜には食物繊維が豊富に含まれています。身体に悪い物ではないので、摂取量を増やしても問題がないです。普段不足しやすい栄養素も摂取出来るので、一石二鳥になります。りんご体型の人は食べる順番も大切で、食事の最初にはサラダ等の野菜から食べる事です。

 

その次にお肉や魚で最後にご飯等の炭水化物を食べるようにします。これで血糖値の上昇を防いで、脂肪の蓄積を減らします。炭水化物の量はあくまで減らすだけにして、全く食べないのも逆効果になるので気を付けるようにしましょう。

シェイプビクトリー着圧スパッツのご購入はこちら!トップページへ大根脚の太い脚がコンプレックスの方、手軽に骨盤ケアに取り組みたい方は、トップページでシェイプビクトリー着圧スパッツの詳細をチェックしてみてください。