脚を細くする歩き方

脚を細くさせる歩き方紹介

脚.細く,歩き方,太くなる,コンプレックス

 

脚を細くさせる歩き方を紹介してみます。自分の脚が太くて悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい^^

ヒザ裏を伸ばして歩く

脚.細く,歩き方,太くなる,コンプレックス

 

ほっそりとした美しい脚は多くの方の憧れです。脚を細くしようと必死でウォーキングをしても、実はかえって脚を太くしてしまう可能性があることを知っていますか。

 

実は、脚の筋肉は体の中でも大きな部類になります。ダイエットを目的としている場合は、筋肉を鍛えることで基礎代謝を上げることができます。しかし、鍛えた筋肉は大きくなってしまうので、脚を太くしまう可能性があります。ですので、脚の筋肉、特に外側の太ももの筋肉は発達しやすく張りやすいので、ほっそりした脚を目指す方には気をつけていただきたいです。

 

脚の筋肉を発達させずに歩く方法として気をつけたいのが、膝裏をしっかりと伸ばして歩くことです。膝裏をしっかり伸ばすことで、脚全体の筋肉を柔らかくほぐすことができます。柔軟に筋肉をほぐすことで、脚の筋肉を偏って使用することがなくなります。脚の外側の筋肉ばかりを使用することが減ます。また、全体を使って歩くことができるため、現在太ももの外側の筋肉が張ってしまっている方でも、筋肉を落ち着けることができるため、美しいまっすぐの脚を手にいれることができます。

 

膝裏を伸ばして、しっかりと脚を持ち上げることが大切です。また、歩きやすい靴を選ぶことも大切なポイントです。

腕をちゃんと振って歩く

脚.細く,歩き方,太くなる,コンプレックス

 

膝裏を伸ばして歩く事にしっかりと慣れたら、ぜひ腕を振って歩く癖をつけましょう。しっかりと腕を振るためには、両手の荷物を持たずに歩く必要があります。左右の荷物のバランスを良くすることで体の歪みをなくすことができます。体の歪みを発生させると、代謝が落ちてダイエットに不向きな体になってしまいます。腕をしっかり振って歩くことで体のバランスを正常に保つことができます。また、腕はしっかりと後ろに引くようにしましょう。後ろに引くことで、二の腕の筋肉を刺激することができます。二の腕の筋肉がしっかりと刺激されると二の腕痩せの効果があるのはもちろんですが、腕の力で歩くこともできるため脚の筋肉にばかり負荷をかけることがなくなります。

 

しっかりと脂肪を燃焼しつつ、歩き方の癖のせいで脚に筋肉がつきすぎている人にはこれ以上筋肉がつくことを防ぐことができます。また、普段運動をあまりせず足に筋肉がついていない方にも、バランスよく低い負荷をかけることができるのでオススメです。

 

また、腕を振ることでウォーキングの効果を全身運動としてさらに高めることができます。体の血流を良くすることで、代謝を上げて運動をしていないときでも痩せやすい体を作ることができます。

お尻をキュッと締めて歩く

脚.細く,歩き方,太くなる,コンプレックス

 

次に大切なのが、体のバランスです。しっかりと運動をすることができるようになると、バランスをしっかり保てているかを確認したいです。まず男女問わずに体のバランスで気をつけたいのが骨盤です。骨盤は脚の骨を上半身と繋げる大切な役割をしている骨であり、体の中心にあり体全体のバランスを保つ骨です。その骨をしっかりと固定しているのが、お腹周りとお尻の筋肉です。お尻をキュッと締めて歩くことで、お尻の筋肉を鍛えることができます。お尻の筋肉も体の中では大きな筋肉と言えます。お尻を鍛えることで綺麗な形のお尻にすることができるだけでなく、骨盤をしっかりとさせることができます。

 

骨盤が支えられると、歩くときの足の動かし方もスムーズになります。自然に正しいフォームを得ることがしやすく、脚の筋肉も美しい形でつきやすくなります。また、嬉しい効果として骨盤がしっかりと締まると内臓の位置も正しい位置に戻ります。どうやっても引っ込まなかったぽっこりお腹なども脂肪が原因ではなく、内臓が下に落ちてきてしまっている可能性があります。その内臓の位置をきちんと戻すことができるので、脚を細くするだけでなく、くびれたウエストを手にいれることもできます。

大きめの歩幅で歩く

脚.細く,歩き方,太くなる,コンプレックス

 

しっかりとしたフォームと、体幹を手に入れたら大きめの歩幅で歩いてみましょう。大きめの歩幅で歩くと、その分カロリー消費が増します。カロリー消費が増すということは、体についた余分な脂肪をしっかりと燃やしてくれることができます。せっかく手に入れた細い脚やすっきりとしたボディラインも、食べ過ぎやカロリー消費が追いつかなければまた太くなってしまいます。ですので、普段からしっかりと正しいフォームで歩くこと、大きめの歩幅で歩くことを意識している代謝がいい体を保つことができます。慌ててダイエットをしたり、デニムがきつくなったと焦ってしまうこともありません。

 

脚を大きく踏み出したら、前をしっかり向きましょう。モデルになったような気持ちで、しっかりと背筋を伸ばします。背筋を伸ばすことで、背中につきやすい脂肪を抑えることもができます。猫背になってしまうと、せっかくのウォーキングの効果を減少させてしまいます。しっかりと深呼吸をして、胸を大きく開いて酸素をたくさん取り入れましょう。全身の血流を良くして、代謝を上げる効果がります。

 

最近では、運動をしてからも脂肪を燃焼する効果はしばらく続くということもわかっています。

シェイプビクトリー着圧スパッツのご購入はこちら!トップページへ大根脚の太い脚がコンプレックスの方、手軽に骨盤ケアに取り組みたい方は、トップページでシェイプビクトリー着圧スパッツの詳細をチェックしてみてください。